top of page

床の張り替え

数十年経つ戸建ての床張り替えですが、皆さんが思うことは床の根太が腐っていると

思われている人がほとんどです。踏むと床の一部が沈むのは、床の根太が腐ってくる前に、

床板(フローリング)材が湿気や日光により根太材より先に痛むからです。

しかし、全体的に沈む場合は下地が腐ってくると考えた方がよいでしょう。

さて、リフォーム工事をする場合、施工会社に依頼をし、現調してもらいます。

現調での調査ですが、床下収納口が近くにあれば、そこから下地の状態がわかります。

なければ床板を踏む事で、大体わかります。(プロであれば)

床板(フローリング)だけが悪ければ、沈むカ所の板をカットし張り替えます。

そして、既存の床に増し張りができれば、その方が金額が安くすみます。

一番安いフローリング材は、一般よく張る厚みが12㎜が既存の床に増し張りが良いと思います。専用のリフォームフロアーは厚みが3㎜や6㎜とかありますが、凄く高いです。

ご相談が有りましたらお問い合わせ下さい。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page